FOMCの議事録要旨・東京市場の反応は?

25日の日経平均株価は、1万9,813.13円・+70.15円と小幅上昇しました。前日のアメリカ市場が好調だったことを受け、日本だけでなくアジア株も堅調な動きとなりました。 


ドル円は111.7円まで上昇。一時は111.5円まで下がる場面はあったものの、堅調な動きと言えるでしょう。

ただ昨日のFOMC議事録において、アメリカ経済の成長が鈍っているという表現が見受けられたのが気になります。

でも6月利上げの確率は下がってはいないので、そこまで心配する必要はないかもしれませんが…。


さてこれからの展開です。特に大きなイベントは見受けられませんが、イギリスのGDPは見ておきたいものです。

予想としては前回と同じ数値を示しているものの、果たして…。

そのイギリスの1-3月期GDP改定値が発表されました。

前期比の予想は0.3%と前回と同じ数値でしたが、結果は0.2%と数値を落としてしまいました。

また前年同期比は予想2.1%に対して、2.0%とこちらも数値を落としています。


この結果を受けてポンド円は、145.5円から145.2円まで下落。

そのままずるずると落ち込み、144.7円まで落ちてしまいました。

またポンドドルも、1.30$から1.29$まで下がりました。その後ポンドドルもポンド円もなんとか値を戻したものの、GDP発表前の水準には至っていません。


ただポンドの不調を尻目に、ドル円は上昇。ポンドの下がりにより一時111.6円まで下がってしまいましたが、直ぐに戻されて111.8円まで上昇しました。