不安過ぎる材料

本日の日経平均株価は1万9,900.09円・前日比+57.09円と小幅に上昇しました。きっかけとなったのが円安ではあるものの、不安材料があるので安心は出来ません。

不安材料の1つとして挙げられるのが、北朝鮮の核実験。核実験の準備を進ませているという報道により、朝方に114円台につけていたドル円は113.8円にまで落ち込んでしまいました。でもその後は特に下がる気配はなく、113.9円まで何とか回復しました。下支えになっていたのは、6月利上げの可能性。

まだハッキリ「利上げはある」と断定は出来ないものの、期待感は高まっています。 さて欧州時間です。注目したいのはドラギECB総裁の発言です。果たしてどんな言葉が飛び出て来るのか、固唾を飲んで見守っていきましょう。